もともとは、海外からの駐在員の子どもたちが通うために設立された、
シンガポールのインターナショナルスクール。

しかし、最近ではお子さんに、
「グローバルな環境で教育を受けてさせたい」、
「将来国際人として成長してもらいたい」と言う理由から、
お子様をインターナショナルスクールへ入学させる事をご希望する、
日本人家庭が増えています。

その中でも、世界各国から学生が集まり、
質の高い教師陣や充実した施設を持つ
インターナショナルスクールスクールが多いシンガポールは日本人の間でも人気です。

ただし、シンガポールには、数多くのインターナショナルスクールがあるので、
一体どこを選んだらよいのかとお悩みの方も多いはず。

そこで今回は、
シンガポールの主なインターナショナルスクールと、
インターナショナルスクールを選ぶときのポイント

ご紹介いたします。

この記事が、
あなたのインターナショナルスクール探しの参考になれば幸いです。

はじめに

現在、シンガポールには大小合わせて60を超えるインターナショナルスクールがあります。
アメリカのカリキュラム、イギリスのカリキュラム、国際バカロレアのカリキュラムなど、
各学校が提供しているカリキュラムは様々です。

取得できる主な資格には、IBディプロマプログラム、IGCSE、Aレベルなどがあります。
特に、世界標準となっているIBディプロマプログラム校は人気です。

学校紹介の最後には、
ここ数年の間にシンガポールに開校した、インターナショナルスクールも加えました。
各学校の情報・カリキュラム・授業料、そしてホームページを紹介しているので、
学校選びの際に、ぜひ参考にして下さい。

シンガポールの主なインターナショナルスクール

それでははじめに、シンガポールの主要なインターナショナルスクールを、
アルファベット順でご紹介していきます。
*全ての情報は2022年1月現在のものです。
*学費に関しては学年によって異なります。

1.Australian International School

シンガポールの多くのインターナショナルスクールは、
都心部からかなり離れたところにありますが、
こちらの学校は、中心地から車で10~15分程度と比較的中心部寄りに位置しています。

カリキュラムは、IBやIGCSEがメインですが、
オーストラリアのカリキュラムである、HSCも学べる事が特徴です。

ほとんどのインターナショナルスクールは、8月に新学期が始まりますが、
こちらの学校は、オーストラリアと同様の1月始まりになっています。

2ヶ月から5才までの幼児を対象とした、Infant Careのクラスもあります。

学校名

Australian International School
(オーストラリアン・インターナショナルスクール)
所在地 1 Lor Chuan (S) 556818
カリキュラム IB (PYP,DP), IGCSE,HSC
対象年齢 2ヶ月~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$37,272 (G1-G6)
学校ホームページ https://www.ais.com.sg/

2. Canadian International School 

2才児から18才まで一貫したIBプログラムを提供しています。
中国語、フランス語、スペイン語を第二外国語として選択できます。
プリキンダーからG6までは、(タンジョンカトンはG5まで)
中国語+英語、あるいは中国語+フランス語のバイリンガルクラスの選択も可能です。

学校の名称はカナディアンですが、イギリス系の生徒が多数を占めています。
日本人は一クラス2,3名ほどです。

西のレイクサイド・キャンパスと東のタンジョンカトン・キャンパスの2校があります。
タンジョンカトン・キャンパスは、ローカルの学校を改造したこじんまりとした校舎ですが、
レイクサイド・キャンパスは2010年に現在の場所に移転した校舎で、
広い敷地内に各種設備が整っています。 

学校名

Canadian International School
(カナディアン・インターナショナルスクール)
所在地 7 Jurong West Street 41, (S) 649414 (レイクサイド・キャンパス)
371 Tanjong Katong Rd, (S) 437128 (タンジョンカトン・キャンパス)
カリキュラム IB (PYP, MYP,DP)
対象年齢 2才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模(レイクサイド)・中規模(タンジョンカトン)
*学費 S$35,600 (G4-G6)
学校ホームページ https://www.cis.edu.sg/

3. Chatsworth International School

長い間、オーチャードロードのほぼ中心にキャンパスを構えていましたが、
2018年に現在のブキティマにキャンパスを移しました。

中規模な学校で、アットホームな雰囲気です。
英語のできない新入生には、バディシステムを採用するなど、
生徒間や学年を超えた交流も盛んです。

学校名

Chatsworth International School
(チャッツワース・インターナショナルスクール)
所在地 72 Bukit Tinggi Road, (S) 289760
カリキュラム IB (PYP, MYP,DP)
対象年齢 3才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 中規模
*学費 S$28,201 (Year1-6)
学校ホームページ https://www.chatsworth.com.sg/

4.Dulwich College Singapore

イギリスの名門校ダルウィッチ・カレッジがアジアに展開しているインターナショナルスクールのシンガポール校です。
アジアにはシンガポールの他に中国(北京・上海・蘇州) 韓国(ソウル) ヤンゴン(ミャンマー)に系列校があります。

2014年と比較的新しい学校ですが、人気校の一つになっています。
2021年はじめてのIBDP試験で、シンガポールの学校の中5位という好成績をおさめました。

学校名

Dulwich College Singapore
(ダルウィッチ・カレッジ・シンガポール)
所在地 71 Bukit Batok West Avenue 8, (S) 658966
カリキュラム  IGCSE, IB (DP)
対象年齢 2才~18才 
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$S$37,980 (G3-G6)
学校ホームページ https://singapore.dulwich.org/

5.Etonhouse (Broadrick Campus)

世界12カ国に100校以上ある「イートンハウス」インターナショナルスクール
はシンガポールが発祥の地です。

シンガポールには、4つのインター校と、10のプレスクールがあります。
その中で、ブロードリック校は1995年イートンハウス開校時からある歴史ある学校です。
幼児期にはレッジョ・エミリア教育を取り入れているのが特徴です。

学校名

Etonhouse (Broadrick Campus)
(イートンハウス・ブロードリックキャンパス)
所在地 51 Broadrick Road (S) 439501
カリキュラム IB (PYP)
対象年齢 2才~11才 
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 中規模
*学費 S$30,608.16 (G1-G5)
学校ホームページ https://www.etonhouse.edu.sg/school/broadrick/

6.ISS

創立40周年を迎えた、シンガポールではかなり老舗のインターナショナルスクールです。
カナディアンスクールと同様に、小学部から高等部まで一貫してIBプログラムを提供しています。

以前はシンガポールの商業の中心地、オーチャードに初等部の校舎がありましたが、
現在は、全ての学年がPreston Roadの校舎に移転しました。
以前から多くの日本人が通う学校として知られており、日本人の先生も在籍しています。

学校名

ISS
所在地 21 Preston Rd, (S) 109355
カリキュラム IB (PYP, MYP,DP)
対象年齢 4才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 中規模
*学費 S$31,468 (G1-G5)
学校ホームページ http://www.iss.edu.sg/

7.Nexus International School Singapore

Nexusは2007 年にマレーシアで創設された、イギリス系のインターナショナルスクールです。
シンガポール校は、2011年に創設。
2020年には現在のアルジュニの校舎に移転し、設備が充実しました。

学校名

Nexus International School
(ネクサス インターナショナルスクールシンガポール)
所在地 1 Aljunied Walk, (S) 387293
カリキュラム IB (PYP, MYP, DP), Modified English National Curriculum, IGCSE
対象年齢18才 3才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$35,220(G3-G4)
学校ホームページ http://www.nexus.edu.sg/

8.Overseas Family School

2015年OrchardからイーストのPasir Risに移転したOverseas Family School。
生徒数が3000人という大規模な学校です。

日本人と韓国人生徒が多いのが特徴です。
英語のサポートクラス(SPP)、日本語のクラスもあります。

学校名

Overseas Family School
(オーバーシーズファミリースクール)
所在地 81 Pasir Ris Heights, (S) 519292
カリキュラム IEYC, IPC, IGCSE, IB(MYP, DP),  OFS High School Dip, 
対象年齢 2才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$32,500 (G1-G5)
学校ホームページ https://www.ofs.edu.sg/

9.Singapore American School

1956年に創設された伝統のある学校です。
マレーシアとの国境に近いウッドランズに位置しています。

シンガポールに駐在するアメリカ人家庭の子女の為に創設されたインターナショナルスクールですが、
他の国籍の子供達にも門戸を解放しており、生徒数4000人という巨大校です。

アメリカのカリキュラムで学習可能なのは、こちらと、アメリカンスタンフォードとなっています。

学校名

Singapore American School
(シンガポール・アメリカンスクール)
所在地 40 Woodlands Street 41, (S) 738547
カリキュラム American Diploma (SAT and AP Classes)
対象年齢 3才~17才
英語サポート 無し
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$38,517 (G1-G5)
学校ホームページ https://www.sas.edu.sg/

10.Stamford American International School

オーストラリアンスクールと同じマネージメントのインターナショナルスクールです。

IBあるいはAPのカリキュラムを選択することができるのが大きな特徴です。
大規模で整った施設の中に、約3000人の生徒が学んでいます。

学校名

Stamford American International School
(スタンフォードアメリカン・インターナショナルスクール)
所在地 1 Woodleigh Cl, (S) 357684
カリキュラム

AERO (American Education Reaches Out), IB (PYP, MYP, DP), AP International Diploma, BTEC Diploma US accredited Stamford High School Diploma.

対象年齢 6才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$39,028 (G1-G5)
学校ホームページ https://www.sais.edu.sg/

11. Tanglin Trust School

1925年に創設された、シンガポールでは2番目に古いインターナショナルスクールです。
イギリス式のカリキュラムがメインで、生徒の約60〜70%は英国のパスポート所持者です。

学生だけで無く、最低でも保護者のどちらか一人が英語が問題なく使えることが入学の最低条件なので、
ご両親共に日本人というご家庭のお子さんの比率はかなり低いようです。

学校名

Tanglin Trust School
(タングリントラスト・スクール)
所在地 95 Portsdown Rd, (S) 139299
カリキュラム IGCSE, EYFS, English National Curriculum, ‘A’ Level, IB (DP)
対象年齢 3才~18才 
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費

S$37,575 (Year 3 – 6)

学校ホームページ https://www.tts.edu.sg/

12. United World College of South East Asia

ロンドンに本部がある、民間教育機関ユナイテッドワールド・カレッジのシンガポール校です。
UWCの名称で、日本人にもおなじみの学校です。

2008年には、シンガポール東部に新キャンパスが創設されました。
1971年に創設されたドーバー校と併せ、5000人以上の生徒を抱える巨大校です。

学校名

United World College of South East Asia
(ユナイテッドワールド・カレッジオブサウスイーストアジア)
所在地

Dover Campus: 1207 Dover Rd, (S) 139654
Tampines Campus: 1 Tampines Street 73, (S) 528704

カリキュラム Personal and Social Education (PSE) programme, IGCSE, FIB, IB (DP), UWCSEA High School Diploma
対象年齢 4才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$40,722 (G2 – G5)
学校ホームページ https://www.uwcsea.edu.sg/

13.XCL World Academy

GEMS エデュケーションの運営下で、2014年にGems Academy として創設された学校ですが、
運営先が変わり、2020年に現在のXCL World Academyとなりました。

Gems Academy の時は4才児からの入学だったのが、2才児から入学可能になりました。
カリキュラム自体には大きな変更は無いようです。

シンガポール北部にある、整った大規模施設の学校です。

学校名

XCL World Academy
(エクセルワールドアカデミー)
所在地 2 Yishun, Street 42, (S) 768039
カリキュラム IB (PYP, MYP, DP, CP), IGCSE, WASC Accredited High School Diploma
対象年齢 2才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
学校の規模 大規模
*学費 S$35,100 (G2-5)
学校ホームページ http://www.gwa.edu.sg/

 

2020以降に設立された新しいインターナショナルスクール

以下の学校は、2020年に設立された新しい学校です。
なんと全てがイギリス系の学校です。
ダルウィッチ・カレッジのシンガポールでの成功が、
その他のイギリス名門校系の進出を促しているのでしょうか。

1.Brighton College Singapore

母体のBrighton Collegeは、毎年ケンブリッジに多くの入学者を創出している学校です。

オーストラリアンスクールの敷地内に新設されました。
2021年の生徒数は200名足らずだったようですが、
これから大規模な学校になって行くのでしょうか。

オーストラリアン、アメリカンスタンフォード、
そしてこちらのBrighton College Singaporeは全て同じマネージメント下の学校です。

学校名

Brighton College Singapore
(ブライトンカレッジ・シンガポール)
所在地 1 Chuan Lane, (S) 554299
カリキュラム Early Years Foundation Stage (EYFS), English National Curriculum
対象年齢 18ヶ月~11才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
*学費 S$36,350 (Year 3 – 6)
学校ホームページ https://www.brightoncollege.edu.sg/

2. North London Collegiate School

1850年創立のイギリスにある、
North London Collegiate School(NLCS)が母体のインターナショナルスクールです。

NLCSは、英国の新聞デイリー・テレグラフの学校ランキングで上位にランクインしている名門校です。
韓国の済州とアラブ首長国連邦のドバイに続き、2020年にシンガポールにキャンパスを開校しました。

新設の学校にはめずらしく、中心部から車で10分程度という便利な場所に校舎があります。

学校名

North London Collegiate School (NLCS)
(ノースロンドンカレッジ・シンガポール)
所在地 130 Depot Road, (S) 109708
カリキュラム National Curriculum for England, IB programme, IGCSES
対象年齢 3才~18才
英語サポート 有り
学生ビザ 取得可能
*学費 S$38,889 (G2 – 5)
学校ホームページ https://nlcssingapore.sg/

3. The Perse School Singapore

イギリスのケンブリッジにある、The Perse School が母体のインターナショナルスクールです。
日本人にはなじみの無い学校名ですが、イギリスでは超進学校として有名なようです。

現在は、5才から13才の生徒のみですが、
今後は18才までの生徒を受け入れるようになるのではないでしょうか。

学校名

The Perse School Singapore
(パーセィスクールシンガポール)
所在地 191 Upper Bukit Timah Road, (S)588180
カリキュラム Cambridge Primary Programme
対象年齢 5才~13才
英語サポート 無し
学生ビザ 申請不可
*学費 S$22,500 (2022)
学校ホームページ https://perse.edu.sg/

学校選びの際に気をつけたいポイント

ここからは、シンガポールのインターナショナルスクールを選ぶ際に
気を付けておいた方が良い点をご紹介します。

1.おすすめサイトや口コミを過信しすぎない

「シンガポールシンターナショナルスクール」などで検索すると、
おすすめの学校ランキングのようなページを目にすることがあります。

もちろんこれらの情報も、学校選びの選択肢とはなるかも知れません。
ただし、このようなページには必ず、作成者の意図が含まれています。
そのことを理解された上で活用される事をおすすめいたします。

また、それぞれの家庭やお子さんによって適している学校は異なってきます。
多くの情報を収集することは大切ですが、
それらが全てご自身のお子様に当てはまるわけではありません。

ご自身のお子様に適した学校をおすすめや口コミサイトの情報だけで選ぶのは危険です。
あくまでも参考程度にとどめましょう。

2.入学に必要な英語力をチェックしましょう

幼稚園(キンダー)や小学校低学年(G1~G3)であれば、
「英語力は問わない」としているスクールは多いものの、
中には小学校入学時から、英語力を必要とする学校もあります。

もしご希望される学校が、入学に際して英語の基準を設けている場合は、
予め英語の学習を始めるなどの準備が必要となります。

希望する学校がどんな入学基準を設けているかをきちんと確認しておきましょう。

3.提供しているカリキュラムをチェックしましょう

「インターナショナルスクール」は、日本の学校教育法に定める学校ではありません。

将来、海外の大学進学を計画されているのであれば、
日本の教育基準は問題なりません。

しかし、数年後には日本帰国予定で、
帰国後は日本の学校への入学を希望されている場合は、
受け入れ先の学校には、どんな学校があるのか、
どんな資格で入学・編入が可能かを予め確認する必要があります。

その上で、
シンガポールのインターナショナルスクールで取得できる資格を確認しましょう。

4.入学時のお子様の年齢は大切です

小学校未就学のお子さんであれば、英語力が無くてもほとんどの学校に入学は可能です。
また、小学校低学年の場合も、多くのインターナショナルスクールでは、
英語の補助クラスを設けていますので、
英語ができないお子さんも入学することができます。

ただし、日本の小学校4年生以上になると、
ほとんどのインターナショナルスクールで、英語力が必要になります。
英語力がない場合、入学できない学校が増えてきます。

また、中学生以上で英語の学力を問わない学校に入学した場合、
お子様の意思が相当強くないと、
英語力を伸ばして行くのはかなり困難です。

インターナショナルスクールに入学したからといって、
英語力が伸びるわけではありません。

もし、英語力をつける目的でインターナショナルスクール入学をご希望であれば、
早い時期からの入学をおすすめします。

最後に

今回の記事は参考になりましたでしょうか。
学校選びは本当に大変ですね。

ただ、シンガポールのインターナショナルスクールの場合、
同じカリキュラムの学校であれば転校は比較的簡単に行えます。

実際に最初は英語力が足りず、希望の学校へ入学できなかった場合でも、
その後、英語力をつけ、編入される生徒さんも多いです。
日本のように、入学したら卒業まで同じ学校と言う考えは当てはまりません。

学校選びで一番大事なことは、
お子様が毎日楽しく学校へ通えること。
そして学校生活を通して、色々な学びを得る事だと思います。

今後もシンガポール全般、
そして、当地への母子留学や教育移住などについて、
理解を深めていただけるような情報を発信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

あなたのシンガポール教育移住に関する「悩み」や「疑問」を専門家に相談してみませんか?

2004年から現地にて移住サポートサービスを提供している、YHF PTE. LTD.では
シンガポールへの教育移住や母子留学をご検討中の皆様に、
学校の選び方から、 学校見学、入学の手配まで、
インター校入学に関するサポート全般をはじめ、
住宅のご紹介や生活一般に関する事など、シンガポール生活全てのサポートをご提供させて頂いております。

現在、Zoom等による無料相談を実施しております。

シンガポールへの移住を考えているけれど、
「自分の方向性はあっているのか?」
「どうしたらシンガポールに移住が出来るのか」 などの質問に専門家がお答え致します。

ぜひ、この機会をご利用下さい!

クリックして、申し込みフォームから相談する

皆様のご質問お待ちしております!