よく頂く質問画像
このページでは、
「シンガポール移住サポート」に寄せられた、質問をご紹介しています。
シンガポールへの「教育移住」をご検討中の方は、参考にして下さい。

教育移住に関するご質問

シンガポールへの教育移住を検討中です。
現地で暮らすのにかかる費用は、どれくらいですか?
1ヶ月80万円から100万円ほどを基準に、お考え下さい。
*お子様(6歳)お一人、インター校通学。3LDKのコンドミニアムを賃貸した場合

生活にかかる費用は各ご家庭によって異なるので、正確な指標をお伝えするのは難しいのですが、日本と比べて特に高いのは住宅費です。
ー中心地に近くて買い物の便がよく、且つ築浅物件になると3LDKで月の家賃が50~60万円程度からになります。

授業料はインター校、日本人学校、ローカル校で大きく異なりますが、インター校の学費は小学校低学年で、年間300万円から340万円程になります。
これらに、通信交通費や、食費、光熱費等を加えると、やはり日本円で最低でも80万円程度は必要になるでしょう。


生活費をもう少し抑えた情報が必要な方は、こちらのブログをご覧ください。
家族でシンガポール移住に移住したい!でも、生活費は一体いくらかかるのだろう?そんな疑問にお答えします。


他の会社が提供する移住サービスと、どう違いますか?
お客様との繋がりを一番大切にしています。

いつもお客様に寄りそい、お客様のサポーターという立場に立って、最善の選択肢をお客様と一緒に見つけていく事が当社のポリシーです。

多くの日本人の方々が、シンガポールに大きな期待を抱いて移住をされますが、理想と現実のギャップに気が付き、すぐに帰国してしまうケースもあります。

文化も習慣も異なる外国に移住し、慣れない環境でビジネスをしたり、生活をしていくのはとても大変なことです。

全てが初めてづくしのシンガポールで、お客様が少しでも早く環境に馴染む事ができ、思い通りの生活が送れるように全面的なサポートを提供するのが当社の役割です。
決して、やりっぱなしのようなサービス提供の仕方は致しません。

移住計画段階から、あるいは移住後長期に渡って、どんな小さな悩みでも、気軽に話していただけるような関係の構築に努めています。


シンガポールへ教育移住するメリットは何でしょう
シンガポールは、世界に通用する人格形成が出来る最適の地です。

それぞれのお客様によって、メリットと感じる事、反対にデメリットと感じる事は異なるので、断言するのはとてもむずかしいです。

ただ、お子様をグーロバルな環境で育てたいとお考えであればシンガポールをお勧めします。
多民族国家であり、世界中から、エグゼクティブとその家族が集まり暮らしている国は、世界中にそれ程多くはありません。

また自然災害がなく、日本からのアクセスが良いのも移住地としては大きなポイントです。

シンガポールへの教育移住のメリット・デメリットに関して詳しく説明したブログを下記にご紹介します。併せてご覧ください。
シンガポールに教育移住!そのメリットは?
デメリットに関しても知りたい方は、こちら!
シンガポールに教育移住を考えた時、そのデメリットもしっかり考慮しましょう。


現在2歳になる子供がいます。移住はまだ早いでしょうか?
移住に最適な時期は、お子様の年齢では無くタイミングが大切です。

シンガポールは、医療や生活のインフラが整っているので、小さなお子様とご一緒でも心配はありません。

多くのインター校では、3歳からの入学を受け付けています。この時期に入学すると試験も無く、クラスにも馴染みやすく英語をごく自然に取得することが出来きます。
そのため学習の面から考えると、お子様が小さい頃の移住がお薦めです。

また、シンガポールでは、国の施策が頻繁に変更されます。
近い将来、母と子供だけで留学可能な学生ビザの発行が厳格化されたり、法人を設立して世帯主が就労許可を取得して、ご家族で移住する方法が難しくなる可能性がある事も視野に入れなければいけません。

真剣に教育移住をご検討であれば、早めのご計画をオススメ致します。


御社では、どんなサポートをしてくれますか?
シンガポールへの教育移住を成功させる為の、全てのサービスを提供いたします。

当社の提供するサービスの特徴は、移住の計画から実施、移住後のアフターフォローまでをワンストップで提供していることです。

お客様のシンガポールへの移住の選択が本当に正しいものなのかを見極め、失敗のない移住プランをご提案します。

また、移住決定後は学校選びのサポートや法人設立、就労許可取得等、シンガポールでの生活、ビジネス全般のお手伝いを致します。

節税や投資に関しての情報提供もさせて頂いております。

詳しくは「当社が提供するサービスと料金」のページをご覧ください。


移住を検討中ですが、具体的な時期はまだ決めていません。
そんなお客様の為に「シンガポール教育移住情報提供サービス」をご用意しています。

シンガポールでは国の政策が頻繁に変わるので、今後、教育移住に関係する法律が厳しくなる可能性も考えられます。
できるだけ具体的なプランを早めに計画し、実行に移すことをお勧めします。

移住を決断する前に正しい情報の収集を必要としている方、あるいは物理的な問題で、すぐには実行に移すことが出来ない方の為には、「シンガポール教育移住情報提供サービス」をご用意しております。
このサービスを利用して、シンガポール教育移住への理解を深めて下さい。

シンガポール教育移住情報提供サービス」の詳細ページも併せて、ご覧下さい。


直接会って相談したいのですが、費用は発生しますか?
はい。面談は1回、200シンガポールドルで受け付けております。

一口に教育の為に移住と言っても、お客様それぞれで抱える悩みや疑問は異なります。現地にお越し頂けるのであれば、お会いしてお話を聞くのが一番です。

面談に関しては、特に時間の制限は設けておりませんので、移住に関して現在抱えている不安や疑問を、全てお話下さい。
教育以外のシンガポールに関する疑問や質問もご相談頂けます。

シンガポールに直ぐにお越し頂けないお客様のために、現在特別プロモーションとしまして、電話やスカイプ等でのご相談を無料で承っております。
未だ移住のプランが具体的に決まっていないような方も、こちらのサービスをぜひご利用下さい。

面談のお申込みは、問い合わせフォームから、

スカイプ相談のお申込みは、こちらからお申し込み下さい。
シンガポール教育移住スカイプ相談フォーム


会社設立に関するご質問

子供の教育の為に、家族でシンガポール移住を検討中です。日本でのビジネスを、シンガポールに簡単に移すことができますか?
はい。お客様のご希望を伺い、最適なプランをご提案いたします。

シンガポールでは外国からの優良な企業の誘致を促進している為、法人設立が容易に出来ます。

日本の法人の機能を全てシンガポールに移転する。あるいはシンガポールに統括会社を設立する等、シンガポールでの法人設立のメリットを最大限に活かした、法人設立方法をご提案を致します。


就労許可の取得が難しいと聞いています。本当ですか?
きちんとした、ビジネスプランと十分な資金があればご心配は無用です。

最近、シンガポールの就労許可の取得が難しくなってきていると言う声をよく聞きます。これは、取得条件の1つである最低賃金が引き上げられたり、一定の規模の企業では外国人を雇用する前に、シンガポール人向けに求人活動をすることを義務付ける法律が出来た為です。

但し個人で法人を設立し就労許可を取得する場合は、このような条件には当てはまりません。
政府がシンガポールに貢献してくれる企業とみなされれば、就労許可は比較的容易に取得する事ができます。


仕事の関係で、すぐに日本を離れることが出来ません。子供と母親だけでのシンガポール移住は可能ですか?
はい、可能です。

お子様とお母様だけでシンガポールに住むためには、お子様がスチューデントパスを取得する必要がございます。
スチューデントパスの発行をサポートしてくれる学校は限定されていますので、事前調査が必要です。

当社にサポートを依頼された場合は、学校紹介から、お子様のスチューデントパス、そしてお母様のLTVP(保護者用のビザ)取得等、お子様とお母様だけの移住に必要な手続きをトータルでサポートいたします。

詳しくは、提供するサービスとその料金についての「母子教育移住トータルサポート」の項目をご覧下さい。

上記以外のご質問や、面談のご希望は、お問い合せフォームから受付ております。
お気軽にご相談下さい。

あなたのシンガポールへの移住に関する悩みや疑問を専門家に相談してみませんか?

日本人のお客様に2004年から現地にて、移住サポートを提供している、YHF PTE LTDでは、現在、無料スカイプ相談を実施中です。シンガポールへの移住を考えているけれど、「自分の方向性はあっているのか?」
あるいは、「どうしたらシンガポールに移住が出来るのか」などの質問に専門家がお答え致します。

ぜひ、この機会をご利用下さい!

クリックして、スカイプ無料相談に申し込む!

クリックして、申し込みフォームから相談する

皆様のご質問お待ちしております!