インター校にある、英語補習クラスとは?

まずはじめに、インター校に存在する補習クラスというのは、
一体どんなものなのかを、ご説明させていただきます。

シンガポールの多くのインターナショナルスクールでは、
英語を母語としない児童・生徒のために英語補習クラスを設けています。

ESL(English as Second Language)や
EAL(English as Additional Language)と呼ばれており、
学校によって、その言い方は異なる場合があります。

幼稚園の段階から補習クラスのある学校、
あるいは小学校のみ補習クラスがある学校など、
クラスを設けている学年は、学校によって異なります。

英語補習クラスのある、主な学校

シンガポールの主なインター校で、
英語の補習クラスを設けている学校をご紹介します。

オーストラリアン・インターナショナルスクール
Australian International School Singapore

カナディアン・インターナショナルシンガポール
Canadian International School

チャッツワース・インターナショナルスクール
Chatsworth International School

ドーバーコート・インターナショナルスクール
Dover Court International School

イートンハウス
EtonHouse 

ジェムズ・ワールドアカデミー
GEMS World Academy

ISS
ISS International School

ネクサス・インターナショナルスクール
Nexus International School Singapore

オーバーシーズ・ファミリースクール
Overseas Family School (OFS)

スタンフォード・アメリカン・インターナショナルスクール
Stamford American International School Singapore

*上記以外の学校でも、補習クラスを設けている学校はあります。

英語の補習クラスは、自分では選択が不可

お問い合わせを頂く際にご両親から、
「うちの子供は英語ができないので、補習クラスのある学校を希望します」
とか、反対に
「うちの子供の英語には問題がありません」
という言葉をよく聞くことがあります。

大変失礼な言い方になってしまうのですが、
「英語ができる」「できない」を決めるのは
学校であって、決して親御さんではありません。

学校によってテストの内容は、異なりますが、
小学校入学以上(学校によっては幼稚園でも)の場合、
入学希望者には、必ずテストが課せられます。

そのお子さんが授業についていけるかいけないかを
このテストによってチェック、
学校側が、お子様の英語力が不足しているとみなした場合は、
補習クラスを取ることを、義務付けています。

ご両親がたとえ、補習は必要でなかったと思っていても、
試験の結果、
補習クラス選択が必須という判断が下されるかもしれません。

そんな時は、決してがっかりしないで下さい。
ただ、英語の環境に慣れていないだけかもしれません。

まずは、お子さんに自信をつけることから始めてみてください。

補修クラスの問題点

よく、シンガポールのインター校を紹介する際に
「英語の補習クラスがあるから安心です」
などの説明文を見たことがありませんか?

もちろん、日本にお住まいのお子さんは
英語が得意ではない方がほとんどです。

補習クラスがあるからこそ、
シンガポールのインター校に入学できる場合が多いのが実情です。

ただ、この補習クラス、本当に生徒のためになっているのでしょうか?

小学校入学前には、補習クラスは不要?

特に小さなお子さんの、外国語の取得能力はとても高いです。

最初は慣れない言葉に戸惑うかもしれませんが、
その環境にどっぷりと使ってしまえば、
英語でコミュニケーションを、取るという選択肢しかなくなります。

ご両親も気が付かないうちに、数ヶ月もすれば、
普通に英語で、お友達とコニュニケーションが取れるようになるでしょう。

でも、補習クラスがある学校で、補習クラスに入ってしまうと、
英語ができない子どもたちばかりで、
ある一定の時間帯(それも毎日)特定のクラスに
振り分けられてしまうのです。

これは、小さなお子様にとって、本当に良い事なのかは、
かなり疑問です。

全く英語ができなくても、早いお子様であれば、
一ヶ月もしないうちに、自然と英語の環境に慣れてきます。

数ヶ月もすれば、先生や他の生徒たちとしっかりと
意思疎通が取れるようになります。

ですので、できれば幼稚園児のうちは
英語の補習クラスが無い学校をおすすめします。

最初は戸惑うかもしれませんが、
心配しないでください。

きっと、すぐに外国人のお友達ができますよ。

補習クラスが必要になった場合、気をつけること

とは言え、小学生以上になれば、
どのインター校でも、
入学の前の英語力チェックのテストは必須です。

ここで、英語の補習クラスが必要と言われてしまった場合に、
気をつけた方が良いことがあります。

それは補習クラスにどのくらいと留まれば、
通常のクラス(メインストリーム)に編入できるかということです。

実は、この補習クラス。
インター校にとっては、かなりのドル箱となっているのです。

小学校(G1からG5)の場合の補習クラスの授業料は、
年間10万円から、高い学校では50万円程度となっています。

この金額が、通常の授業料に加算されます。

学校によっては、特に期限も決めずに、
生徒を補習クラスに、留めておくところもあります。

そうなると、何年インター校に通っていても、
一向に英語が上達しないという、
おかしな事態に陥ってしまうこともあります。

反対に、補習はあくまでもメインストリームへの準備と捉え、
ある一定期間内には、必ずメインストリームに
編入させるためのカリキュラムを組んでいる学校もあります。

学校の見学の際には、
補習クラスの様子をきちんと質問することが大切です。

補習クラスの問題点

残念なことに、この補習クラスの生徒の殆どが、
日本人と韓国人、
そして中国人で構成されている学校が多いのが実情です。

そうなると、お互い同じ国籍で固まってしまい、
英語の勉強をする必要性を、生徒自身が、
あまり感じなくなってしまうという問題が生じます。

また、日本人の特徴としては、
一人が突き抜けてできるようになるよりは、
みんなと同じレベルにとどまる事を好む傾向が強いです。

そうなると、せっかくの英語補習クラスが、
同じ言葉を話す子供達の集まりと化してしまう心配もあります。

もう一つ、問題があります。

日本人で、勉強はできるけれど、
英語ができない小学生というのは、
それほど珍しくはありません。

でも、教育熱の高い韓国や中国では、
優秀な子どもたちは、
小さな頃から既に英語もかなり勉強しています。

となると
英語補習クラスにどんな子どもたちが集まって来るか…
なんとなく、想像がつくと思います。

小さい頃は、周りの環境はとても大切です。

シンガポールでインター校を選ぶとき、
補習クラスについて、もう一度考えてみて下さい。

あなたのシンガポール教育移住に関する「悩み」や「疑問」を専門家に相談してみませんか?

2004年から現地にて日本人のお客様に、
移住サポートサービスを提供している、YHF PTE LTDでは
インター校への入学をご希望の方のため、

学校の選び方から、
実際の見学、そして入学の手配まで
インター校入学に関する、あらゆるサポートをご提供しています。

現在、無料メール・スカイプ相談を実施中です。

シンガポールへの移住を考えているけれど、
「自分の方向性はあっているのか?」
「どうしたらシンガポールに移住が出来るのか」
などの質問に専門家がお答え致します。

ぜひ、この機会をご利用下さい!

クリックして、スカイプ無料相談に申し込む!

クリックして、申し込みフォームから相談する

皆様のご質問お待ちしております!