日本のマスコミによる煽りもあって、
シンガポールへの移住へ熱い視線が向けられています。

でも、ちょっと待ってください!
移住はそれほど簡単ではありません。

教育移住はそれほど簡単なことではありません!

日本の教育レベルの低下は、日本国外から見ると
本当に深刻な事だと感じています。
(もしかしたら、国外から俯瞰しているから余計そう感じるのでしょうか?)

シンガポールでも
お子さまの将来を心配される方が多いのか、
ここ数年「教育のための移住」へのご相談が増えてきました。

今回は、教育のためのシンガポール移住をご計画の皆さまのために、
特に教育という面に重点を置いた、
移住のデメリットについて取り上げてみました。

お子様の日本語に不安が出てくる

シンガポールへの移住の一番の目的が、お子様の教育、
それも英語の取得をご希望されている、
ご家族も多くいらっしゃいます。

実は、この英語取得が
大きなデメリットになってしまう事もあるのです。

インターでの授業は、全て外国語で行われます。

もちろんこの授業というのは、
英語の学習という意味ではなく、
英語でものを考えるということです。

最近のシンガポールのインター校では、
英語の授業に加え、中国語の授業を行うのが普通になってきました。
そうなると、外国語取得のために費やす時間が多くなります。

勉強時間が増え、
外国人のクラスメートを過ごす時間が増えれば増えるほど、
日本語と接する時間が少なくなります。

特にお子様が小さい場合は、
外国語の取得も早いかわりに、日本語を忘れてしまう可能性も大きくなります。

以前、あるお客様が日本のしりとりをお子様としていたら、
「あおむし」という言葉の後に、
お子様が「シャーク」って答えたそうです。
完全に英語と日本語が一体化してしまっているのですね。

インターに通われるお子様は、
家庭での日本語学習が、日本にいるとき以上に大切になってきます。

くれぐれも英語の取得を早めるため、
家でも日本語は使わないなどというようなことは、しないほうが賢明です。

特に小さい頃の母語の学習は、
外国語の学習能力を高めるためにも必要です。

外国語ができても日本語がおぼつかなくては、
バイリンガルとは言えませんからね。

デメリットの二つ目です。

お子さまと他の日本人(ご両親も含め)との間に価値観のギャップが生まれやすい

これはどういうことかと申しますと、
インターナショナルスクールの場合、
とても、個人の個性を尊重します。

方や、日本の教育は完全な横並び教育で、
人と違う意見を述べる事をあまりよしとしません。

そうなると、今まで日本で受けていた教育とのギャップに
お子様が戸惑ってしまうことが起こります。

あるいは今まで仲良くしていた日本のお友達と、
考え方が異なってきてしまう問題なども生じます。

大きくなってからのインター入学は前者の問題が、
小さいころからインターに通われるお子様は
後者の問題が発生しやすいです。

但し、これからグローバルな世界で生きて行く為の、
インター校選択であれば、
ある程度、日本の殻から抜け出すことは必要だと思います。

大切なのは、
お子様がそのギャップで悩まれている時、
ご両親がきちんとお子様の悩みと向き合って、
対応してあげることです。

そして3つ目のデメリットは、

インターの授業料を含む生活費が高額

他のアジアと比べると、シンガポールの物価は高額です。

特に住宅を含む不動産関連、車を所有し維持するコスト、
そして、学費が日本に比べて割高なものベスト3です。

*学費はインター校に通う場合を想定しています。

住宅の家賃は、ご家族で中心地に住もうと思うと、
日本円で、月々50万円程度の予算が必要です。

また、インター校の授業料は学年によっても異なりますが、
年間250万円から300万円ほどがかかります。

これ以外にもエクスカーションフィー(遠足などの校外活動費)や
施設使用料等が加算されます。

更に習い事や、塾などの費用、
学校までの交通費(スクールバスの費用は意外に高額です)
などを合わせると、

お子さま二人で、
年間で1000万円以上の出費がかかるなんて言うことも珍しくありません。

シンガポールへの移住をお考えになった際は、
マスコミの甘い言葉に惑わされずに、
マイナス面もしっかりと把握する必要があります。

あなたのシンガポール教育移住に関する
「悩み」や「疑問」を専門家に相談してみませんか?

2004年から現地にて日本人のお客様に、移住サポートサービスを提供している、
YHF PTE LTDでは
シンガポールのインター校への入学をご希望の方のため、
インター校の選び方から、
実際の見学、そして入学の手配まで
インター校入学に関する、あらゆるサポートをご提供しています。

現在、無料メール・スカイプ相談を実施中です。
シンガポールへの移住を考えているけれど、
「自分の方向性はあっているのか?」
「どうしたらシンガポールに移住が出来るのか」などの質問に専門家がお答え致します。

ぜひ、この機会をご利用下さい!

シンガポールへの教育移住に関してのご質問は下記のフォームをご利用下さい。
皆様のご質問お待ちしております!

問い合わせフォーム