お子様の将来を考えて、シンガポールのインター校に通わせたい。
でも、ご主人は仕事の関係で日本に留まらなければいけない。

母と子供だけで、本当にシンガポールに、教育の為の移住が可能なの?

このページは、そんな疑問や不安をお持ちのあなたの為のページです。

母と子だけでシンガポールに留学?

アジア、そして世界の中でも治安の良さはトップクラス。

小さなお子様連れでも安心して、気軽にタクシーや公共機関を利用出来る。
スーパーに行けば日本の食材も豊富、
外食だって、小さな子供連れに優しいお店が多い。

そんな、母と子供だけの留学に
必要な要素をほとんどクリアしているシンガポールですが、
いざ留学や移住を実行しようとなると、
何から調べたら良いか、戸惑うことも多いのではないでしょうか?

今回は、お子様の教育のために、シンガポール長期滞在をご計画中の
お子様とお母様のための
シンガポール長期滞在方法(留学方法)に焦点を当ててご説明致します。

長期滞在用のビザを取得して、シンガポールで学校に通う

シンガポールの学校に通うためには、
シンガポールに長期滞在する為のビザが必要です。

お子様が学校に通学するためには、
スチューデントパス(学校側が発行の申請をしてくれます)
かディペンデントパス(就労許可を持っている人の家族に発行されるビザ)が必要になります。

お子様とお母様だけでシンガポール滞在をご計画の場合、
まずはお子様のスチューデントパスを
発行してくれる学校選びから始めましょう!

学校の中には、
スチューデントパスの申請をしてくれない(出来ない)学校もありますので、
注意が必要です。

いきなり、長期留学に不安がある方は、
観光ビザで滞在できる期間でも、
受け入れをしてくれる学校(幼稚園)もあります。

本格的な留学(移住)の前に、
トライアルの気持ちで、学校や幼稚園に通うのも良いかもしれません。

お母さんは、どんなビザでシンガポールに滞在すればよいのでしょうか?

さて、保護者である、
お母さんは一体どんなビザでシンガポールに滞在すればよいのでしょうか。

お母さんは、長期滞在ビザ(LTVP)というビザで滞在が可能です。

こちらのビザの取得条件は、少し変わっていて、
お子様の面倒を見るためにシンガポールに滞在する必要がある、
お母さまあるいは、おばあさまのみ交付可能のビザです。

子守のための専業主夫というものを、
シンガポール政府は、外国人には許してくれないようです。

LTVPはお子様のスチューデントパスが降りた後に、
シンガポール入国管理局(ICA)に申請します。

スチューデントパスで通学出来る学校

シンガポールの全てのインターナショナルスクールが、
スチューデントパスで通学出来るわけではありません。

私立学校の場合は、
EduTrustの認可を受けた学校のみが
スチューデントパスの申請が出来ます。

なので、DPを保有しているお子さんと比べると、
通学可能な学校が、やや限られてしまいます。

スチューデントパスで通学出来る学校は、
スチューデントパスで通学可能なシンガポールのインター校一覧
-2018年度版のページをご覧下さい

スチューデントパスで通学する際に気をつける事

シンガポールで就労許可(EP)や、家族ビザ(DP)がなくても、
スチューデントパスをお子様が取得すれば、
長期に学校へ通うことができる事は分かりましたね。

でも、家族ビザ(DP)と違って、スチューデントパスには、
いくつか気をつけなければいけない点があります。

90%以上の出席率が必要

学校の出席率が、90%を下回る場合は、
スチューデントパスはキャンセルされます。

労働目的で、学生ビザを取得するような外国人を排除するのが、
大きな目的ですが、90%の出席率には、年齢は関係ないので、
幼稚園や小学校に通うお子様にも適用されます。

しっかり、毎日学校へ通うことが重要となってきます。
そのためには、お子様が楽しんで通学できるような学校選びも大切ですね。

もちろん、病欠は医師から発行された、
証明書を提示すればこの90%には含まれませんので、
ご安心下さい。

転校が気軽に出来ない

スチューデントパスはICAに学校が申請するものです。

なので、他の学校に転校しようとした場合は、
それまで取得していた、スチューデントパスは
キャンセルしなければいけません。

転校先の学校から新たに、
スチューデントパスを発行して貰う必要があります。

なので、DPで通学しているお子さんより、
転校が面倒という欠点があります。

母親はLTVPが必要

お子様は、スチューデントパスがあれば、
有効期限の期間中はシンガポールに滞在することが出来ますが、
付き添いのお母さまは、長期に滞在出来るビザ(ロングタームビジットパス・LTVP)を取得する必要があります。

LTVPの発行には現地の身元引受人(ガーディアン)が
必要となってきます。

LTVPは、お子様のスチューデントパスに
紐づけされている形となりますので、
お子様が転校する場合は、新たな手続きが必要になります。

シンガポールには、色々な種類のビザがあります。
ご自身の用途に最適なビザを選んで、滞在することが大切です。

今回の情報が、シンガポールへ母と子だけで
留学をご検討中のお母様の参考になって貰えれば幸いです。

あなたのシンガポールへの移住に関する「悩み」や「疑問」を専門家に相談してみませんか?

2004年から現地にて日本人のお客様に、移住サポートサービスを提供している、
YHF PTE. LTD.では、そんなあなたの悩みにお答え致します。
シンガポールへの母と子の留学を考えているけれど、
「何から始めればよいのか?」
「どうしたらシンガポールに留学が出来るのか」などの質問に専門家がお答え致します。

ぜひ、この機会をご利用下さい!

クリックして、スカイプ無料相談に申し込む!

クリックして、申し込みフォームから相談する

皆様のご質問お待ちしております!